あのそらの思い出

No 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

別窓 | スポンサー広告 |
∧top | under∨
No  35

武装練金ピリオド

ついに武装錬金も終わりか…。
でも、5月にドラマCDが発売予定らしい。
キャストは、カズキが福山潤、斗貴子が柚木涼香、蝶野が真殿光昭。
主人公とヒロインの組み合わせがテイルズオブデスティニー2と同じだけど…。
ってことはカイルの名前をカズキに、リアラの名前をトキコに変えてゲームをやれば即席武装錬金に。(ただ名前変えても、普通に元の名前を普通に発音されるけど)
扉絵が衝撃的だ!
最初読んだとき、扉絵のページがひっついてて気付かず、読み直した時に扉絵があったことに気付いた。
最終話の扉絵は、最後のコマのほんの数秒後だろうけど、武装錬金ピリオドの扉絵は何年後の事だろう…。

ヴィクトリアはまだマント付けてるけど、あれってルリヲヘッドの一部じゃなかったの?
パピヨンが何者か明らかに!?
人間でもホムンクルスでもない、第3の存在。
と見せかけて、第3の存在はヴィクターだから、パピヨンは第4の存在の蝶人?

早坂姉弟が登場。エンジェル御前も最後は戦う。

パピヨンは、たった1ヶ月で白い核鉄を作り上げていた。さすが天才。

千歳の武装錬金初披露。
レーダーの武装錬金ヘルメスドライブ。特性は対象への走査及び瞬間移動。
そして毒島はガスマスクの武装錬金エアリアル=オペレーター。特性は気体操作?
第57話で「私の武装錬金なら待ち伏せ可能です」って言ってたけど、気体操作でどうやって?
フェイタルアトラクションの特性は重力操作。
ヴィクターはサンライトハートとかバスターバロンを破壊したけど、あれは特性じゃなくて単にヴィクターが強かっただけか…。

宇宙までカズキを迎えに行き、無事カズキを救出。
宇宙でカズキと斗貴子が抱き合う姿は凄くSF的で感動的な場面だった。(でもFFⅧでもこんなシーンあったかな…?)

地球に戻ってすぐさまカズキとパピヨンが決着をつける。
結果はパピヨンの敗北、カズキは殺さず。

ヴィクターはもう一つ作った白い核鉄で、人間に戻る。ってことはヴィクターの胸には核鉄が3つあるってこと?
ヴィクターはホムンクルスにしてもらい、ホムンクルスを引き連れて月へ。
練金戦団は活動を一時凍結。
継続はホムンクルスの再人間化の研究と核鉄の管理。

パピヨンは町の人気者に。

練金戦団に核鉄を回収された斗貴子さん。ソワソワして落ち着きがない。
「核鉄は私の体の一部同然だったから、いざ手放してみると少々心細くてな…」
カズキは自分の胸に手を当て、
「大丈夫。ここにある核鉄はこれからずっと斗貴子さんと一緒だから」
「そうかそれならきっと安心できる
二人手を取り合い学校へ…。
ラブラブですなあ…。


さてさて、これで漫画の武装錬金は本当に終わり。
ドラマCDが出るんであれば、あわよくばアニメ化も…あったらいいな…。
別窓 | 週刊少年ジャンプ(更新停止) | | トラックバック:0
∧top | under∨
お初です。

新着から来ました~

面白そうなのでまた遊びに来ますね。
byベスト
<<灼眼のシャナ 第14話 | あのそらの思い出 | 陰からマモル! 第2話>>

この記事のコメント

お初です。

新着から来ました~

面白そうなのでまた遊びに来ますね。
2006-01-16 Mon 17:24 | URL | ベスト #-[ 内容変更]

∧top | under∨
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

∧top | under∨
| あのそらの思い出 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。